2016-09-04

9月

ダージリン セカンド フラッシュの季節になりました。
第一弾はタルザム農園のFlowery Clonal、暑さの残るこの時期にぴったりの軽やかなお茶です。

「暮しの手帖」最新号をいつも1階に置いています。
小さい頃から親しんできた雑誌なので、私の店に合うと思いました。

数年前、ふと思いついたことを「エプロンメモ」のコーナーに投稿してみたことがあります。
暫くして編集部から、使わせていただくことにしたので楽しみにお待ちくださいという内容のお返事が来ました。
社名入りの素敵な便箋に、きれいな色のインクで丁寧な文字で書かれていました。
私の記事は、かわいい挿し絵もついて、すっきりとわかりやすい気の効いた文章になって掲載されました。

まさしくプロの仕事だ!と思いました。

さて、今月は久しぶりにバノフィーパイを作る予定です。
ご来店をお待ちしております。